東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2018年12月12日(水)
  • -

『双喜臨門』(そうきりんもん)

 ふたつの喜びごとが同時にやってくることが「双喜臨門」(『三侠五義「九二回」』など)です。新年や結婚のお祝の場に「喜」が並んだ図柄を見かけます。これが吉祥文様の「双喜臨門」です。民間流伝によれば、宋代に王安石が二三歳のとき、科挙考試のために赴いた都の開封で結婚相手と考試トップである状元を得たことからといいます。
「双喜臨門」のまちといえば、異論なく双重慶祝のまち重慶のこと。また「双喜臨門」はお茶のなかに開いた花を楽しむ工芸花茶としても知られています。明るいイメージから連続TVドラマのタイトルにもなっています。
 誕生日と合わせて喜びの重なる「双喜臨門」があります。12月10日に横浜アリーナで行われた女子バレーボール世界選手権決勝ラウンドで、郎平率いる中国チームがオランダを破って3位になりました。当日は郎平監督の58歳の誕生日。郎平を現役時代に目標にした日本の大林素子さんはそれを知っていてお祝をしたといいます。
 
  • 2018年12月05日(水)
  • -

「知者不言」(ちしゃふげん)

「知者不言、言者不知」(知る者は言わず、言う者は知らず。『老子「五六章」』)は知者である老子が残した信言です。真意を理解している者が言わず、言う者の論旨は時代の要請から遠くズレている。老子はそれを知る者として言わずに、衰亡の淵にある周都洛陽を離れて隠遁の旅に出ます。函谷関の関令尹喜に懇請されて残した『道徳経(老子)』の最終章には「信言は美ならず、美言は信ならず」(2014・2・26)と記して。
 唐の詩人白居易は、「知者であり黙するのなら、なんで五千文字もの著を残したのか」(『読老子「五章」』)といい、老君(老子)は自らを知者としていないという見方。「わたしは知者ではない。そう言うあなたと同じだ」という老子の声が聞こえます。
 世紀初めのこの国の政界に世代交代の嵐が吹き荒れました。その後に国会に呼集されたチルドレンやガールズによる議論は時代の要請の深みに届かないレベルに終始していると「知る者」は言わず、「言う者」は知らずに衰亡の淵に近づいていきます。
 

  • 2018年11月28日(水)
  • -

「名利双収」(めいりそうしゅう)

「名を捨てて」とか「利を度外視して」ということで成功を収めるのがふつうですが、時代が大きく変貌するときには、名誉も利益も双方をともに収得する「名利双収」(『官場現形記「三四回」』など)を求めることが可能なようです。「名利兼収」ともいいます。
 現代中国がまさにそういう時期で、「名利双収」でなければ成功とはいえないようです。まずは名を得るために有名大学を出て、のち官吏になって「昇官発財」の路線に乗ります。高官が名も利も多く得るしくみなのです。国民とかかわる高官自身は質素ですが、それにつながる親族や企業家が「名利双収」の実現者です。幹部の子は外国とくにアメリカの大学に留学します。習主席の娘明沢さんもハーバード大学出です。
 庶民は姓名の画数で「名利双収」になれることに期待し、2022年寅年の夏生まれの子が「名利双収」の人生を送れるというので気にかけています。対比して禅(道元)の教えでは「名利(みょうり)共に休す」で、名利という欲望を断つことを説いています。
 

  • 2018年11月21日(水)
  • -

「遮天蔽日」(しゃてんへいじつ)

 広々とした天空に太陽が明るく輝いているところに、それを遮蔽する自然現象が起こり人間の営為が展開されることを「遮天蔽日」(『水滸伝「八三回」』など)といいます。
 自然現象としては、エトナ火山やキラウエア火山などの噴火では天高く噴煙がのぼり、マダガスカルでは異常気象でイナゴが大発生して空を蔽いつくすという情景も現出しています。なかには楊朔の『香山紅葉』に描かれる古松古柏の山路「前人栽樹」によって繁茂する古樹の下で涼をとるといった穏やかな「遮天蔽日」もありますが
 人為的な「遮天蔽日」では、『水滸伝』では遼兵の襲来ですが、現代の北京のスモッグ、ロシア戦勝記念日のモスクワ上空の編隊飛行などが存在感を示しています。日本社会では権勢が天下を蔽って世の中に欺瞞を生み、経営破綻、株の下落、大災害、領土問題、事故・事件・・社会不安がつのる兆候をみせています。「遮天」が国際協調の暗雲をいい「蔽日」が日本を蔽うと読めば、将来を警告する「四字熟語」といえます。
 

  • 2018年11月14日(水)
  • -

「楓林如火」(ふうりんじょか)

 満山紅葉で火の海に踏み込んだような「楓林如火」を、前回の「玉露生寒」の項で紹介しましたが、種々の特徴があって四大賞楓地だけでは言い尽くせないようです。
 たとえば江西省石城村では特色の黒瓦白壁の家々の上に高さ35mもある古楓の樹林が連なってあたかも一幅の長尺古画を見るようだといいますし、吉林市長白山の紅葉谷では延々100kmの紅葉や黄葉でさながら画巻のようだといいますし、浙江省温州市には元明時代から修復して村々をつなぐ70余条の紅楓古道が保存されています。そしてアジアで最も美しい紅葉観賞地というのが四川省米亜羅。中国最大の紅葉風景区で北京香山の180倍、品種も多く色彩も層をなして広がっているといいます。
 フランスに「楓丹白露」(朱自清『欧游雑記』から)という優雅な漢訳地名で呼ばれる宮殿があります。パリにある「フォンテンブロー」です。2015年3月に、楓丹白露宮中国館から清朝末に北京の圓明園から流失した展示品が盗まれて話題になりました。

| 1/64PAGES | >>
webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈人の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈人の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈人の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>