東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

「安居楽業」 (あんきょらくぎょう) 

 安眠のできる家があり楽しんで従事できるしごとがあること。平和の国で暮らしていると当たり前に思えるこの「安居楽業」(『漢書「貨殖伝」』など)というふたつが、戦乱にあけくれた時代を生きた人びとにはどれほど得がたいことであったことか。
 途上国として平和と経済の高度成長期に遭遇して、中国に暮らす人びとは歴史的にはじめて「小康社会」「安身立命」(『景徳伝灯録「巻一〇」』)の人生を現実のものにできているようです。日本の場合は仏教の影響を受けて四字熟語としては「安心立命」ですが、中国では生活感に裏打ちされた「安身立命」が基本です。ちなみに京都の立命館大の名の由来は孟子の「修身立命」(尽心上)にあるようです。
 習近平政権は2020年までに「全民脱貧」という目標の達成をかかげましたが、米中経済摩擦の影響次第では、国民の生活上の充足感である「安居楽業」と将来への「安身立命」が確保されるかどうか、むずかしいところです。
 

「哀感中年」(あいかんちゅうねん) 

 人生を三つの時期としてみた場合に「中年」はおよそ四〇、五〇歳とか。とすると上年は二〇、三〇歳で下年は六〇、七〇歳ということになります。東晋の謝安は友人の王羲之に「中年ともなると親しかった友と別れて鬱々と日をすごすこともあるし哀楽が心を傷つけるものだ」(『世説新語「言語」』から)と語っています。清の丘逢甲は「哀感中年謝公に遇う」と同感を示しています。しかし七五歳まで生きた唐の白居易は三〇、四〇は五欲に動かされて迷うし、七〇、八〇になると百病にまとわれて苦しい。してみると五〇、六〇は「恬淡清浄にして心は安然」と中年に充足の時期をみています。
 NHK放送文化研究所のアンケート(2015年)が40歳から56歳くらいまでとしているのは60歳以上のサンプル数が少ないからでしょう。高齢化時代のおにいさん・おねえさん(成長期)からおじさん・おばさん(成熟期)へそしておじいさん・おばあさん(円熟期)へ。中年はやはり哀楽を主旋律とする時期といえるのでしょう。
 

「扇枕温席」 (せんちんおんせき) 

  炎熱の夏には枕辺を涼しくするために扇であおぎ、厳寒の冬には冷たい寝床を身をもって温めて、親に孝敬を尽くすことを「扇枕温席」(『東観漢記「黄香伝」』など)といいます。典故になった黄香は、早く母を亡くし父親を大事にして暮らします。後に魏郡の太守になった黄香は、水災にあった人々のために奉禄と家産を出して救済活動をしています。人々は「天下無双、江夏黄香」と彼を称賛しました。「二十四孝」のひとりとして知られ、また『三字経』のなかの「香九齢、能温席」も黄香を指します。
 30年以上つづいた一人っ子政策の結果、中国では子どもが小皇帝の存在となり「扇枕温席」は逆に親が子のためになすべきことに。この環境で育った子どもは自己中心になり、親不幸な事件を引き起こし、習近平政権による官僚腐敗の根を取り除く政策の困難が予想されています。そこで誕生祝、毎週の電話、再婚支持といった具体的行動を掲げた「新“24孝”行動標準」によって孝文化を伝承し創新しようとしていますが。
 

「有声有色」(ゆうせいゆうしょく)

 声色(こわいろ)に生彩があるとともに表現に精彩があることに「有声有色」汪藻『浮溪集一八「翠微堂記」』など)がいわれます。舞台や講演や文章表現などが生動・風雅・強記博聞であることでも。白楽天の「長恨歌」では楊貴妃の悲恋に「有声有情」となりますし、乱世にもてあそばれる文姫の物語では「有声有泪」になります。
 一般には「世界野生動植物日」(3月3日)に虎豹などの保護をするといった特別な活動もありますが、子どもの安全教育や夏休みの課外活動といった有意義で精彩のある活動などにもいいます。演唱会を華やかに彩る美人歌手レディーガガ(女神卡卡)や「春暖花開」を歌う伊能静(台湾)なら「絵声絵色」となります。反義語は「無声無息」。
 日本料理の素材の持ち味を生かして際立たせる調理法は「有声有色」です。いま寿司ネタでは金槍魚(マグロ)に三文魚(サーモン。江戸前では寄生虫がいて中るサケを避けていました)が双璧です。「無声有色(食)」といったところ。
 

「閉門謝客」(へいもんしゃかく)

 門を閉じて外界との交渉を断ち客を謝絶するのが「閉門謝客」(『野叟曝言「二三」』など)です。さて閉門してどうするのか。「閉門思過」とくれば、みずから過ちを恥じて反省するため。「閉門読書」とくれば、静かに学問をすることに。さらに「閉門覓句(べきく)」とくれば、苦吟して詩作することに。わが内田百間の「忙中謝客」はこのあたりを装ってのもの。そして「閉門酣歌」となれば、酒肴を前に女性をはべらせ歌舞享楽を尽くすことに。「閉門」もみずから門を閉じてすごす悦楽は捨てがたいもの。しかし江戸時代の「閉門」は邸の門を閉じ出入りを禁じた刑罰(個人への刑が「蟄居」)でした。
「閉門造車」(朱子『中庸或問「巻三」』など)は、門を閉ざして車を造り、その車が規格に合致して門外で利用できること(出門合轍)。仏教徒が内奥の真理を究めて外に出て布教をおこなうような場合です。門外の規格に合わない車は使いものにならない。そこでのちには「閉門造車」は客観性を欠く主観的な立場や意見を指すようになりました。
 

| 1/11PAGES | >>
webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>