東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2014年09月03日(水)
  • 動物

「虎落平川」(こらくへいせん)

 平川は山中ではなく平坦な土地のことで、「一馬平川」ならごくありふれた風景です。ところが平時なら山中深くにいるはずの虎が、人里近くに現れる「虎落平川」(『説岳全伝「四〇」』など)となると、山中での実権を失って流浪の旅に出た姿です。犬に囲まれて立ち往生ということになります。朝鮮での加藤清正の虎退治も、山深くの虎かこんな平川での虎との出合いかによって評価は変わることになります。

一方に「放虎山林」(『三国志「蜀書・劉巴伝」』から)があります将来は危害を及ぼすかもしれない人物と知りながら、放って山に帰すこと。三国時代には益州の劉璋による劉備の処遇についていわれます。わが国では池禅尼のはからいで、命ながらえて伊豆に流された源頼朝が、平家を滅ぼすなどがいい例でしょう。

英国サッカーの雄マンチェスター・Uが「虎落平川」の趣のなかで香川真司を放出しましたが、彼は古巣ドルトムントへ戻って輝きを戻すことになるでしょう。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>