東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

「交口称賛」(こうこうしょうさん)

 口をそろえてだれもがほめたたえることが「交口称賛」(姚雪垠『李自成』「第一卷二十章」』など)です。みなが口をそろえるだけなら、「異口同声」や「衆口一詞」などがよく用いられますが、称賛する明るい話題となると、昨今あまり多くはありません。昨年12月11日のノーベル物理学賞の授賞式が思い出されます。世代が異なる赤崎勇(85)さん、中村修二(60)さん、天野浩(54)さんの3人がそれぞれ異なった場で研究した成果である青色発光ダイオードでの同時受賞は、「交口称賛」の好例といえるでしょう。

北京のスモッグは現代の大都市の課題です。北京を避けて家族連れで訪れた秦皇島北戴河(かつて幹部の避暑地でいまはリゾート地に)の海岸で、子どもたちは清新で湿潤な空気を胸いっぱい吸って喜ぶそうです。秦皇島市の大気汚染対策を「交口称賛」する情景は、環境への市民の「衆口一詞」の願いの表現でもあるようです。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>