東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

「得意門生」(とくいもんせい)

 師がみずからその才能を納得して認めた弟子を「得意門生」(『児女英雄伝「第二回」』など)といいます。多くの学術や芸能はそうして世代を越えて引き継がれていくことになります。よく引かれる例が孔子門下で、七二賢とも十哲ともいわれますが、「得意門生」となれば徳行の顔回(子淵)と政事の仲由(子路)です。

孔家から遠くない陋巷に住んで、つましく「一箪一瓢」で暮らした顔回は「聞一知十」といわれた俊才でした。いまに曲阜の孔廟には孔宅の井戸が残り、すぐに駆けつけられる距離にある顔廟には顔回が用いたという陋巷井が残されています。

2009年に孔子は2560年記念祭を、師と30歳違う顔回は生誕2530年を祝いました。顔回は病により早世し、子路は政治家として義に殉じています。どちらも師より先に離世しています。子路の末裔も73代の仲偉堅氏などが健在です。曲阜を訪ねた折に、人口60万余の市民のうち20%が孔姓だと聞いて驚きました。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>