東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2016年03月02日(水)
  • 動物

「精衞填海」(せいえいてんかい)

 ジョア(女娃)は東海で遊んでいて溺死したあと鳥に化身して、ひたすら西山から小石や小枝をくわえてきては海を埋めようとしたといいます。その鳴き声から「精衞」と呼ばれて、「精衞填海」(『山海経「北山経」』から)は堅固な意志の証とされましたが、後になると徒労になるムダな作業をつづけることにいわれるようになりました。伝説時代の炎帝の末娘として、古代の人はどうしてこんな作業を永遠につづける哀切な女性を生み出したのでしょう。

 2007年7月に、温家宝総理は香港の学生に、「杜鵑(ホトトギス)再拝憂天泪、精衞(セイエイ)無窮填海心」の二句をしたためて、啼血の情熱と填海の心とで香港と祖国の建設に当たるよう呼びかけています。しかし香港を「本土」と叫ぶ若者までは予想も期待もしなかったことでしょう。一方で、永遠に岩を押しあげつづけているギリシャ神話のシジフォス(シーシュポス)が思われます。




webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>