東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

「通商寛農」(つうしょうかんのう)

 中国のリーダーが優れた文人であろうとすることは、「経国大業」(201373)でみたとおりの長い伝統です。歴史的できごとを現代の問題として理解した上で、温家宝首相が演説や講演のときに古典からの故事成語を引用していたことを「温文爾雅」(201639)のところで述べました。
 もちろん習近平主席もそうですが、今回9月3日の「G20杭州サミット(峰会)」開会式の演説で、「知行合一」や「同舟共済」(2013・6・12)といった成語とまじえて、貿易を促進し農政にゆとりをもたせる意味で引用した「通商寛農(   が簡体字 」(『国語「晋語四」』から)を;通商    」と読みちがえてしまったことが話題になりました。複数の担当官が意見を接ぎ合わせた文体だったこととともに一時期、学問の場を離れた下放世代の知的弱点が指摘されています。次世代の国際派リーダーの登場(「虚位以待」2015・9・23)までにはまだ間があるようです。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>