東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2016年12月14日(水)
  • 植物

「葉落帰根」(ようらくきこん)

 樹木の葉が、根から発した枝の先に春に芽を生じて夏に茂って秋には落ちて根に帰るようすを「葉落帰根」(『剣南詩稿「八四・寓嘆」』など)といい、人の活動やものごとが本源を忘れずに戻ることに例えます。
「樹高千丈、葉落帰根」と合わせていい、中島みゆきの歌のタイトルにもなっています。中島みゆきの歌では、ひとひらの葉が空を漂いながら見知らぬ地へと流れていくけれど、最後は木の根がゆりかごを差し伸べてきっと抱きとめてくれるだろうと、孤独にたえて漂いつづけます。中国残留孤児の望郷の思いがこのことばに込められていて、瀋陽には帰国孤児と養母をつなぐ「瀋陽落葉帰根の会」があります。
 それに対して「落地生根」というのは、本源の木から遠く離れた地に落ちてそこでみずからの力を信じて新たな根をつくる姿をいいます。神戸華僑歴史博物館に飾られている「落地生根」は、故郷から離れて生きる華僑の人たちの強い心情を示しています。
 

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>