東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2017年01月04日(水)
  • 動物

「鳳鳴朝陽」(ほうめいちょうよう)

 2017年は丁酉(ひのととり)年ですから、トリにちなむ四字熟語をはじめにトリあげておきましょう。年初に明るい希望を与えてくれるのは、やはり伝説のオオトリ(鵬・鳳凰・鴻)にちなむものでしょう。すでに「鵬程万里」(2013・7・31)は飛び立ちましたから、ここでは「凰鳴朝陽」(『詩経「大雅・巻阿」』など)でしょうか。鳳凰が初日の出のときに優美に飛翔して鳴くことがあれば、天下太平の吉兆とされます。それはまた賢者が時宜を得て、正義の抱負を展開することにいわれます。
 鳳は雄で凰が雌、ともに飛ぶ「鳳凰于飛」は夫婦相愛の姿とされて、婚礼の折りに家庭和睦の祝辞に用いられます。したがって「鳳鳥不至」(『論語「子罕篇」』から)となると、政治が乱れて希望のない世の中の例に。また「鳳起雲湧」は改革期に堂々と大義を論じること。湖南省出の楊度(ようたく)が日本留学(法政大学)時に創作した「湖南少年歌」は多くの愛国青年を鼓舞したことで、梁啓超が「鳳起雲湧」と称えています。
 
webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>