東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2017年03月29日(水)
  • -

「火樹銀花」(かじゅぎんか)

 冬の夜を明るくする「火樹銀花」(唐・蘇味道「正月十五夜」など)は、なにやら現代の大都市の夜景を思わせることばです。「火樹」は紅い火の色をした樹で、樹上に灯火を掛けつないだ情景、「銀花」は光で銀色に輝く花。
 日月が同時に昇って沈む春節から月の出が遅れて夕暮れの三日月となり、半月となり凸月となり、十五夜を迎えます。元宵節です。「火樹銀花」は灯光や焔火に照らされて明るく輝く元宵節の夜景をいいます。農民は一年の幸いを満月に祈るのです。何より豊作であること、そして無事であること、子宝が得られること・・。唐の長安での一月十五日の「火樹銀花」は、そのための月への願いの明かりでした。それから農作業に精を出し、八月十五日には「中秋名月」にむかって収穫のお礼をし、月餅をいただくのが古くからの農民のならわしであったようです。いまや西安ばかりでなく、大都市の元宵節には花火をあげ、木々の枝を電飾で彩り、ビルの壁面や池の水面まで使って不夜天の世界を演出しています。一年の幸いを何に祈っているのでしょう。
 

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈人の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈人の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈人の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>