東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2017年04月26日(水)
  • -

「衆矢之的」(しゅうししてき)

 四方から集中攻撃のマトになることを「衆矢之的」(魯迅『朝花夕拾「琑記」』など)といいます。魯迅の引く例は、天津にできた漢学のほかに洋学や数学を教える中西学堂に対する旧守派からの攻撃でした。事情は異なるにせよ、森友学園騒動でのマスコミ攻撃はすさまじいもので、他に報道するできごとがないかのような過熱ぶりでした。

 googleでの検索数は「籠池」で1140万件、「トランプ大統領」が1180万件で、この似た数字をどう解釈したらいいのでしょう。(安倍晋三は2010万件、小池百合子は560万件です)。ここで指摘したいのは、その間に他のできごとが無視されてしまう片寄りについてです。民放ラジオの軒並みのプロ野球中継もただごとではありませんが。

 米軍の韓国へのサードTHAAD配備に対して中国の報復的反応がはじまり、その「衆矢之的」となっているのがロッテ(LOTTE、中国名は「楽天」)です。人気があった瀋陽店でも天津店でも客足が遠のいて、他の店舗とともに閉店に追い込まれています。

 

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈人の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈人の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈人の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>