東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2017年07月19日(水)
  • -

「潜移黙化」(せんいもくか)

 思想や性格などは知らず知らずのうちに影響をうけて変化するものであることを「潜移黙化」(李宝嘉『文明小史「一回」』など)といいます。よく知られる顔之推の『顔氏家訓「慕賢」』では、「潜移暗化」といっています。人は幼少のころに周りにいる親しい人の言笑挙動から無心に学んで「潜移暗化」によって自然にこれに似てくるものと説いています。むりやり詰め込んだところでよいものは身につかないというのです。
 中国ではとくに大都市で私立幼稚園の入園など修学前から詰め込み教育に狂奔するトラ・ママ(虎媽)が多くいます。それに対して、子どもの将来を慮って穏やかに養育することを求めるネコ・パパ(猫爸)による「潜移黙化」の兆しがが見られるようです。
「孟母三遷」では学校近くに居を遷して「潜移黙化」により孟子を育てましたが、平和しか知らない国の子どもに、平和憲法を守るのは軍備ではなく戦禍を感じる心(八月一五日の天皇の「おことば」も)であることを「潜移黙化」により引き継ぐ必要があります。

 

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈人の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈人の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈人の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>