東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2017年10月11日(水)
  • -

「万人空巷」(まんにんくうこう)

 家々から人が出てきて一カ所に集って巷に人がいなくなる状態を「万人空巷」(蘇軾「八月十七復登望海楼」など)といいます。毎年恒例の盛大な祭事や慶祝行事や歓迎集会や新奇な事物などで見かけますが、民衆に慕われた人物ならどこへ出かけてもそういう情景を現出するでしょう。映像の時代でもそんな実景にかわりはありません。
 宗教にちなむローマ法王のような方なら静かに、サッカーなどスポーツ選手や歌手などエンターテイナーなら熱狂的に。政治の場面では8月29日に発射された中距離弾道ミサイル火星12の成功を祝うピョンヤン街のようす。国の未来を国民が選ぶ総選挙もその機会ですが、候補でない人の演説に聴衆が集まる風景も見られるようです。
 東京・上野動物園で6月に生まれたメスのパンダちゃん。名前の一般公募32万通(2万通り)から9月に「香香(シャンシャン)」と名づけられて、半年後の12月に公開されますが、きっと「万人空巷と呼ぶにふさわしい情景を現出することでしょう。
 

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈人の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈人の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈人の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>