東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2018年01月03日(水)
  • -

「一諾千金」(いちだくせんきん)

 新年前夜の12月31日、習近平主席は報道機関を通じて「2018年新年賀詞」を発表し、その中で2017年を「天道酬勤、日新月異」という8字で回顧しています。「天道酬勤」は精出して勤務に奮闘する者は必ず報われるということ。「日新月異」は日々あらたな事物が出現し月々変化していくようす。日本では「日進月歩」というところです。とくに「慧眼」(X線天文衛星)打ち上げ、「C919大型旅客機」テスト飛行成功、国産空母「山東」建造、深海観測「海翼」号完成など科学技術の創新が際立ちます。
 重点課題の展望では、2020年までに「全民脱貧」という史上実現をみなかった目標の達成を「一諾千金」といいきりました。「一諾千金」(『史記「季布伝」』など)はひとたび約束したことは絶対に守るということ。「黄金百斤を得るは季布の一諾を得るに如かず」(黄金百斤より季布の一諾のほうが価値がある)からで「季布一諾」ともいいます。国民が安心して暮らせる「小康社会」達成には欠かすことのできない事業だからです。
 

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈人の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈人の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈人の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>