東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2018年01月17日(水)
  • -

「冰魂雪魄」(ひょうこんせつはく)

 白色の狩猟犬グレイハウンド(格力犬)が、雪原を時速70kmで兎を追う姿や零下40度の凹凸のある冰雪路面をなめらかに走る4駆車には「冰魂雪魄」(陸游『剣南詩稿「北坡梅」』など)と呼ぶにふさわしい気魄があります。人物評としても高潔で品格のあるようすをいいますが、厳しすぎるせいか用例にこと欠きます。遠路たずねた師の程頤(伊川先生)が瞑座しているので尺余の雪がつもる門外で目覚めるのを待ったという「立雪程門」の学生や雪あかりで書を読んだ「孫康映雪」の孫康はこのうちでしょう。
 周りの植物が春まで冬眠中も氷雪にめげずに開花する梅を愛でて「冰魂雪魄」をいいますが、その梅に高潔の志を託して「雪中高士」(2013213と呼ぶことは紹介しました。「世界三大雪まつり」といえば「さっぽろ雪まつり」、「ケベック・ウインター・カーニバル」それに「ハルビン国際冰雪節」で、ハルビンでは彫刻展示だけでなく寒中遊泳、球技、撮影会、結婚式などなど、市民の「冰魂雪魄」なしには運営できないでしょう。
 

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈人の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈人の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈人の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>