東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2018年07月25日(水)
  • -

「哀感中年」(あいかんちゅうねん) 

 人生を三つの時期としてみた場合に「中年」はおよそ四〇、五〇歳とか。とすると上年は二〇、三〇歳で下年は六〇、七〇歳ということになります。東晋の謝安は友人の王羲之に「中年ともなると親しかった友と別れて鬱々と日をすごすこともあるし哀楽が心を傷つけるものだ」(『世説新語「言語」』から)と語っています。清の丘逢甲は「哀感中年謝公に遇う」と同感を示しています。しかし七五歳まで生きた唐の白居易は三〇、四〇は五欲に動かされて迷うし、七〇、八〇になると百病にまとわれて苦しい。してみると五〇、六〇は「恬淡清浄にして心は安然」と中年に充足の時期をみています。
 NHK放送文化研究所のアンケート(2015年)が40歳から56歳くらいまでとしているのは60歳以上のサンプル数が少ないからでしょう。高齢化時代のおにいさん・おねえさん(成長期)からおじさん・おばさん(成熟期)へそしておじいさん・おばあさん(円熟期)へ。中年はやはり哀楽を主旋律とする時期といえるのでしょう。
 
webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈人の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈人の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈人の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>