東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2013年03月13日(水)
  • 動物

乱点鴛鴦(らんてんえんおう)

「鴛鴦」はオシドリのこと。つがいで行動するようすはほほえましく、「おしどり(愛し鳥)夫婦」といえば仲のいいご夫婦の例えとされています。実際に水辺でみる姿は「相思相愛」を思わせます。

そういう評価を崩すのが、群れている夜のうちに草陰でお互いの相手を取り替えて、昼間は何事もないようにむつまじいという実見者の説です。人の世にも夫婦を交換する例があって、そのプロセスが人生模様としておもしろいことから、中国には演劇化された馮夢龍(ふうぼうりゅう)「喬太守乱点鴛鴦譜」が人気になって、「乱点鴛鴦」はよく知られています。わが国では鳥取県の県鳥や50円切手で親しいですが、最近は絶滅危惧種のレッドリストに指定している県もあります。

「乱点鴛鴦」の実態がどうなのかを某動物園の飼育係に聞いたところ、「ほんとうです」という。おしどり夫婦といわれている人には聞かせたくない事実です。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>