東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2019年01月16日(水)
  • -

「弾冠相慶」(だんかんそうけい)

 志を同じくする友人が高官に任命されたのをわがことのように喜ぶとともに、みずからの冠(帽子)の上の塵を弾いて任官の準備をするというのが「弾冠相慶」(『漢書「王吉伝」』から)です。故事のもとになったのは琅琊王氏の祖といわれる王吉(字は子陽)と貢禹で、「王陽在位、貢公弾冠」として知られています。知名人の周辺から人材が躍り出ることにいわれ、中国に独有の人材登用のありかたとして用いられています。
 それは一国主義のトランプがアメリカに登場してきたことで、ブラジルのトランプとしてボルソナールのような人物が熱狂のなかから躍り出ることにも通じます。ペンタゴン(五角大楼)が世界の局地戦から米兵を引いているのに対してロシア軍が「弾冠相慶」といった立場で躍り出ています。こんなときに北方領土問題でわが国の主張が通る状況にはないでしょう。球界でジャイアンツが優勝を目標に掲げて、生え抜きの選手を放出してまで他から人材をあつめる手法もそのうちといえるのでしょう。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>