東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

年年歳歳(ねんねんさいさい)

 例年の「サクラ前線」もなく東北を除いていっせいにサクラが開花。東京・上野公園も3月22日(金)には高知などと同時に満開を迎えて大賑わいに。3・11から2年、アベノミクス効果も重なって浮かれすぎという評がちらほら。

ところで「年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず」(劉奇夷「代悲白頭翁」より)の花は桜ではなく、唐の都洛陽の城東に咲き誇った桃李でした。花は年々変わりなく咲くけれど、むかし「紅顔の美少年」も、いまは白頭の翁に変わってしまった、と遠い日に思いを馳せて「人同じからず」と時の過ぎゆきを省みているのです。もちろん花の下に集う人びとも年々変わっていきますので、日本では春の人事異動や入学・入社式に頃合いのあいさつとしてよく引用されています。

 実は「花も同じからず」で、いま「花城」洛陽の春に咲き誇るのは大輪の牡丹です。4月中旬の「牡丹花会」には全土から花見客が訪れるようです。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>