東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2019年02月27日(水)
  • -

「政出多門」(せいしゅつたもん)

「政出多門」はいろいろな部門が政策を出すことですから、民主主義の社会なら良い意味で用いられるところですが、「除く、避ける」ものとされていて事情は逆。理由は原意になった「政多門」(『左伝「襄公三十年」』から)が、大国にはさまれた陳国の君主が卿大夫らから出された政(政令)を領導できずに国を滅ぼしてしまった故事からのため。一方に「政由己出」があって、己は項羽のこと。「政はおのれより出づ」として独断専行。章炳鱗も『民報』を発禁にした内務大臣平田東助のやり方をこう評しています。

 すでに採り上げた「群龍無首」(2018・8・15)は無首のために困った状態が想定されますが、これも逆。原意になった『周易「乾」』の「群龍無首」は、天徳による治世がおこなわれていたころには、優れた能力をもつ人物(龍)がたくさんいても互いに補いあってしごとをしていたので、とりたてて「首」とする人物を置く必要がなかったというのです。                                          政治は常に表裏があるようです。さてこの国の「政」はどのあたりにあるのでしょう。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>