東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2019年03月27日(水)
  • -

「臥薪嘗胆」(がしんしょうたん)

 平成最後の新大関となった貴景勝が3月27日の昇進伝達式での口上に「四字熟語」をつかうかどうかが話題になりました。親方だった貴乃花は大関昇進のとき「不撓不屈」を、横綱のとき「不惜身命」で心境をのべていますし、若乃花は大関のとき「一意専心」、横綱のとき「堅忍不抜」でした。同部屋の貴ノ浪が「勇往邁進」でした。貴景勝には胸に刻んできた四字熟語があって、それが父親の一哉さんからいわれつづけて大事にしてきた「臥薪嘗胆」でしたが、口上では「武士道精神」にとどめたのでした。
 いわれは春秋時代の呉越の争いで、敗れた呉の夫差が三年薪の上に臥して忘れず「会稽山」の戦で越の勾践を破ったこと、敗れた勾践が二〇年胆を嘗めて忘れず「会稽之恥」をそそいだことから。復讐を成就するため刻苦したことからでしたが、のちに刻苦自励する四字熟語として「臥薪嘗胆」(蘇軾「擬孫権答曹操書」など)が広く用いられるようになりました。いわれのきびしさを知って貴景勝が避けたように推察されます。
 

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>