東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2019年06月19日(水)
  • -

「真相大白」(しんそうだいはく)

 真相が完全に明らかになることを「真相大白」(周而复『上海的早晨』など)といいます。いまを時めく常用成語で事例にはこと欠きませんが、まずはホルムズ海峡での日本運航タンカーへの攻撃があります。アメリカとイランが犯人を押しつけあって実行者の姿が確かにならず、不明「真相大白」」です。それよりも安倍首相がトランプ大統領の意向で動くことで、先人が培った平和国家の評価が脅かされかねないのです。
 こんなことも。青森県八甲田のスキー場でだれかが樹氷にスプレーで「生日快楽)」と落書きをした。連れの女性の誕生日を祝って喜んでもらおうとしたもので、このニュースが流れたとき日本人の多くはスキー客の中国人カップルのしわざと思ったというのです。のちに29歳のミャンマー人と知れて「真相大白」となったものの中国の旅行客にしこりを残したできごとでした。古くは「水落石出」といったようです。これですと経緯は次第に明らかになりますが、逆行「真相大白」というのが現代事情のようです。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>