東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2019年07月10日(水)
  • -

「一鼓作気」(いっこさくき)

『春秋左氏伝』によれば、春秋時代243年間に発生した戦闘は450余を数え、平均して一年に二度の戦争が行われたことになります。戦闘に参加したのは士以上の貴族で平民は武器を所持せず貢物を納めるだけとはいえ「安居楽業」(前出)は夢でした。 

 戦闘を開始するときには太鼓を撃って士気を盛り立てますが、とくに最初の撃鼓で兵士の闘志を一気に奮い立たせることが「一鼓作気」(『春秋左氏伝「荘公十年」』から)です。紀元前684年、三鼓まで打って侵攻してきた大国の斉軍に対して、満を持して士気をみなぎらせた弱小国の魯軍は、そこで初めて鼓を撃って戦端を開き、斉軍の撃退に成功しました。そのことから「一鼓作気」は戦術に採り入れられました。

 今日でも力をみなぎらせて一気にことを仕遂げる事例に「一鼓作気」を用います。太鼓を打って士気を鼓舞する事例では、甲子園の高校野球で、応援席に陣取った太鼓を打って繰り広げる応援合戦は観客スタンドの欠かせない「一鼓作気」の情景です。

 

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>