東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2019年07月24日(水)
  • -

「決勝千里」(けっしょうせんり)

 千里も離れたところで戦略を立ててはるかな戦場で勝利を収めることを「決勝千里」(『史記「高祖本紀」』から)といいます。楚の項羽を倒して漢王朝の皇帝に推された劉邦は、都の洛陽に文武百官を集めて祝宴を開きます。その席で臣下の三人(人中三傑)を褒めあげたのです。まずは維幄(陣幕)の中にあって戦略を立て、千里先の戦場での勝利を見通せる張良(子房)にはかなわない。百姓を安んじ戦いのための糧道を絶たない䔥何にもかなわない。そして攻める城は必ず落とす韓信の用兵はわたしより勝れている。自分より勝れている三人を用いることができて天下がとれたのだと褒めあげたのです。成果を臣下の力とする大将もさすがと思わせて。

「決勝千里」は羽扇軽揺の諸葛亮、唐の李世民や明の朱元にもいわれますが、現在は「国考申論」(国家公務員試験)の論文がこの「決勝千里」だといいます。課題の本質と特徴を的確に把握し国を治める要諦をまとめる能力がそれだというのです。

 

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>