東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2019年10月30日(水)
  • -

「削足適履」(さくそくてきり)

 足を削って履(くつ)に適(あ)わせるという「削足適履」(『淮南子「説林訓」』など)は、いわゆる現実主義の正統派である「実事求是」の立場から形式主義を批判する場合の分かりやすい比喩としてよくつかわれます。不合理であったり、伝統や規範に収まらなかったり、固定化に挑戦するような事象をいうには便利なことばです。典拠の『淮南子』では、頭を殺(そ)いで冠に便ならしむ(「殺頭便冠」)も合わせています。

 履には「鄭人買履」(『韓非子「外儲説」』から)があります。鄭の人が履を買うためにまず自分の足の度(はかった寸法書き)をつくります、市に行って履をえたところで度を忘れてきたことに気がづいて家にもどってとってかえすと市は終わっていて履をえられない。なんで自分の足で試みないのかと聞かれて、度は信じられるけれど自分の足は信じられないからだとこたえています。こうして合わせてみると、人は古代から自分の足が心地よく収まる履を得ることに苦労してきたようすが知られます。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>