東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2019年11月27日(水)
  • -

「泥牛入海」(でいぎゅうにゅうかい)

 時代により意味合いが異なってしまう四字熟語の例は「走馬看花」などで見てきましたが、この「泥牛入海」(釈道原『景徳伝灯録「巻八」』から)は立場により異なる例です。宋代になった禅宗語録の『景徳伝灯録』からは本稿でも「雪上加霜」をとりあげていますが、この「泥牛が二頭たたかいながら海に入り、再び戻ってこなかった」という禅僧が見た「泥牛入海」の情景は、ひとたび去って消息なしの比喩としてよく用いられます。
 穀物の産地である江南(呉)で、炎熱のもと日中いっぱい酷使された牛には、東から上ってくる満月が太陽と映ります。そこで月におびえる「呉牛喘月」ということになります。牛の喘ぎは同時に農民の喘ぎです。しかし終日よく働いた牛を海に入れ泥を落とす農事の実景なら、「泥牛入海」は明日にそなえる牛と農民にやさしいことばです。
 平家滅亡のとき、安徳天皇とともに海に沈んだ「三種の神器」のうち剣が返らず「泥牛入海」となって以後、神器のお出まし順は勾玉、鏡、剣の順になったといいます。
 

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>