東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2019年12月25日(水)
  • -

「市無二価」(しむにか)

 近ごろ同じものの値が店によって買い方によって違うことに戸惑いながらも、庶民としては安く手に入れられることに満足しているようす。世情が混乱にむかっている兆候とは思いもしないようです。元日に店を閉めるか開けるかも同根の問題です。
 ものの値がふたつない「市無二価」(『漢書「王莽伝・上」』など)は、前漢末の混乱期に王位を簒奪して「新」朝(8〜23年)を建てた王莽(おうもう)が世を混乱から立ち直らせようとした改革「四無理想」のひとつです。あとの三つは官無訴訟、邑無盗賊、野無飢民で、この三つもいまの日本では日々のTVニュースをにぎわせています。わが国は昭和後半に「平和と平等」の九割中流社会を達成したあと、「軍事と格差」を強めながら平成から令和にかけて混乱にむかう兆候をみせています。いまの中国でそれほど用例を見ないのは、ナイキのスニーカーなどの転売で最適価格を広告する程のことで、世の混乱を収拾し社会を立て直そういう「市無二価」改革の時期ではないからでしょう。
 

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

月別アーカイブ