東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2020年01月22日(水)
  • -

「首鼠両端」(しゅそりょうたん)

 子年の初めにネズミにちなむ四字熟語を探してみました。十二支で最小の生きものなので「胆小如鼠」や「目光如鼠」といった弱小なものの例に実感があります。「龍虎」や「犬猿」より身近な「猫鼠」にも前出の「猫鼠同眠」(2013・10・23)があって、意味合いでは逆の「窮鼠噛猫」も現場を見ることはなくとも情景はわかります。ただし中国での常用のことわざは鼠ではなく兎で、「兎子咬人」です。身辺で見る実態の強さです。

「大山鳴動して鼠一匹」は成語がありそうですが、これは古代ローマの詩人ホラチウスの詩からで、中国では「雷声大、雨点小」が同意味で用いられるようです。
 この「首鼠両端」(『史記「魏其武安侯列伝」』など)はネズミが穴から首を出して左右を見回しているようすですので、テレビ慣れしていない出演者が真ん中で右左を気にしてやたらに首を振るようすを好例としていいでしょう。躊躇して決めかねる意味合いでは、小国日本が大国米中を相手にしての外交などがその事例ということになります。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

月別アーカイブ