東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2020年02月12日(水)
  • -

「以暴易暴」(いぼうえきぼう)

 武力に対して武力で闘うことでは対立の解消になりません。「暴をもって暴に易(か)え、その非を知らず」(以暴易暴。『史記「伯夷列伝」』から)というのは、殷末に悪逆非道の紂王を討つため挙兵した周の武王に断固反対した伯夷・叔斉兄弟のことばです。
 その理由は父文王の喪のうちで孝ではない、紂王は悪王だが武力で征するのは仁ではないというもの。しかし武王はその言を聞きいれずに同盟軍をすすめて「牧野の戦い」で殷の大軍に勝利します。ふたりは「以暴易暴」として武王の挙兵を批判し、「義において周の粟を食らわず」(不食周粟)と宣して首陽山に籠り、山中に生えている薇(山草)だけを食べて自死しました。孔子は「仁を求めて仁を得たり、また何をか怨まん」と評しています。近代の「以徳報怨」のマハトマ・ガンディーの非暴力抵抗が有名です。
 アメリカ軍によるイラン革命防衛隊ソレイマニ司令官殺害に対して、イラン側はすぐさま「殉教者ソレイマニ」作戦を展開。「以暴易暴」の様相を呈しています。
 

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

月別アーカイブ