東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2020年05月20日(水)
  • -

「千金買笑」(せんきんばいしょう)

 美しい女性のおのずからなる笑い顔は千金にも値するという「一笑千金」はほめことばです。ですが、テレビ画面で見られていることを意識している女性の笑顔はお金をかけてつくられた「千金一笑」か、お金を使って女性の歓心を買いとった「千金買笑」(『東周列国史「二回」』など」になっています。「一笑千金」を見出しに立てたいのですが。
 コロナ騒動後の「新しい生活様式」ではどうなるのでしょう。テレビで推奨される三密を避けたり、ソーシャル・ディスタンスを取り入れたり、手洗いをするといったことでは収まらないでしょう。感染前にもどるのではなく、もっと暮らしの根元の見直しが求められるでしょう。テレビが時代を映す鏡というなら、医療の現場や店じまいなどのきびしい現実を、おふろあがりで何時間も鏡の前にいたような女性アナや仕立ておろしのスーツにネクタイ姿の若い記者に解説させるような生活感の欠落をまず見直すことでしょう。
 実直武骨な男性人材を集めることには「千金買骨」があるようです。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

月別アーカイブ