東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2020年06月17日(水)
  • -

「三頭六臂」(さんとうろっぴ)

 どの方面でも活躍することを日本では「八面六」の大活躍としてたたえますが、中国では活躍ぶりでは「八面」とはいかず「三面」の「三頭」(釈道原『景徳伝灯録「普昭禅師」』から『水滸伝』『西遊記』など)がいわれます。(頭は面・顔、は肘・腕)
 もとになったのは仏教上の教義からで、そののち民間伝承や道教と交錯しながら「三つの頭(顔)と六本の臂(腕)」をもつ仏像がリアルに形成され認知されています。同じ教義でも十一面や千手にはリアル表現に無理がありますが、この「三頭六」には躍動感があります。それを代表する仏像に奈良・興福寺「阿修羅」像があります。
 現在も「三頭六臂小哪吒」(なた・少年神)はアニメの主人公として大活躍していますし、三頭六臂という名の自動車部品調達にかかわる事業が中国で急成長しています。経営陣に異業種の実務家(三頭)を据え、全土に事業所(六臂)をかまえて。調達時間と価格で欧米や日本企業に挑んでいます。遠からず闘いに勝利するでしょう。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

月別アーカイブ