東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

「入郷随俗」 にゅうごうずいぞく

 T・S エリオットの詩集をミュージカルにした「キャッツ」(音楽劇「猫」)といえば、日本でも「劇団四季」が演じて親しい。一九八一年のロンドン初演以来三〇〇余都市を巡回しており、中国でも人気。昨年暮れの北京公演では、貴族猫の食譜に烤鴨(カオヤー)や茅台(マオタイ)酒が出たり、開幕の歌「ジェリクルソング」(傑里科之歌)にいくつもの四字熟語を織り込んだ演出が評判になっています。 

エリオットの英詩の押韻による語感も詩意も、直訳の歌詞で伝えるのはむずかしい。そこで中国では伝来の四字熟語を重ねることでリズム感と意味合いと韻を活かした「入郷随俗」(郷=ごうに入って俗に随う。その地の風俗習慣に随う。『続伝灯録・七』など)に成功したといいます。歌詞には、語尾がnの四字熟語「威風八面」(威風堂々として)「智勇双全」(智勇そろって)詭計多端」(だましあって)「風雲幻」(何が起きても)「左右逢源」(どっちみち同じ)ほかが散りばめられています。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>