東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2020年08月26日(水)
  • -

「百年樹人」(ひゃくねんじゅじん)

 樹木を育てるには十年でいいが、人材を育てるには百年かかるという「十年樹木、百年樹人 」(『管子「權修」』から)は合わせて用いられています。毛沢東も人材養成のことで古話として引いています。人材ではなく、いま話題の「人生百年」については「百齢眉寿」や「人生百年如過客」がいわれますが、中国の実情は世界最速で「高齢化率」(65歳以上の人口比率)が25%を超えた日本ほど切迫感がないようです。
 国際的に断トツの高齢化先進国なのに、後進国意識の抜けない官僚は、ベストセラー「Life Shift 100年時代の人生戦略」の筆者イギリスのリンダ・グラットン女史を、政府の「人生100年時代構想会議」の箔つけ議員として招聘して意見を聞いたりしています。が、「人生百年(一世紀)」の論者なら樋口恵子・高齢社会をよくする女性の会理事長が国際的な先達です。近著『老〜い、どん!、あなたにも「ヨタヘロ」期がやってくる』(婦人之友社)は100歳をめざして生きるヨタヘロ人生を素直に明るく論じています。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

月別アーカイブ