東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2013年07月31日(水)
  • 動物

「鵬程万里」 (ほうていばんり)

 鵬は伝説にあらわれる最大の鳥。鵬程は大鳥が飛びゆく先のはるかなこと。そこで「鵬程万里」(『漁樵記「第一折」』など)は前途の遠大なことにいいます。

『荘子』の巻頭「逍遥遊篇」に記されている有名な情景です。大地の北冥(北のはての暗い海)にすむ大きさの知れない大魚の鯤(こん)が化して大鳥となり、名を鵬と呼びます。この大きさの知れない鵬が、奮い立って飛び立ち、高さ九万里ともいわれる天空を雲のように飛翔して南冥(天池)にいたるというもので、この雄大な情景は絵画の素材となり、卒業生を送るにあたって前途を祝して用いられています。

ここでの「鵬程万里」は、横綱白鵬の連勝記録にかかわってのこと。大鵬が45連勝なので、七月名古屋場所全勝での45連勝を期待して用意した四字熟語でしたが、14日目に稀勢の里に敗れて再スタートとなりました。白鵬には63連勝があって、大横綱双葉山の69連勝を越えて先にゆく「鵬程万里」の勇姿がみたいものです。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>