東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

「急流勇退」(きゅうりゅうゆうたい)

 しごとが順調で成果が現れており、将来がなお期待されている時に果断に勇退して自己の節義を保つことが「急流勇退」(『蘇東坡集「贈善相程傑」』など)です。

サッカーのベッカムや野球の松井秀樹などスポーツ選手の引き際もそれに近いですが、宮駿(はやお)監督の進退の判断は「急流勇退」というにふさわしいでしょう。ベネチア国際映画祭に『風立ちぬ』(風起了)が出品中であったことで、「動画界のクロサワ」「日本のディズニー」の引退は一気に世界中に知られました。作品は金獅子賞を逃がしましたが商談は上々のようです。

公式引退の辞で、しごとの目安を「あと10年」、「ぼくは自由です」といいます。しごとをやるやらないの自由。昭和16(1941)年、戦争のさなかの生まれ、72歳での「急流からの勇退」は「生涯現役宣言」でもあるのです。宋の蘇軾も「急流勇退はあに人なからん」と、なかなかできないことだと述べています。

 

 

 

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>