東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2013年10月02日(水)
  • 動物

「蝿頭微利」(ようとうびり)

「蝿頭」を「ようとう」と読める人はどれほどいるのでしょう。ハエを見なくなったことも関係しているのでしょう。給食のパンに混入していて、食べても害がないとかで話題になりましたが。中国ではちっぽけな利益をいうのに「蝿頭微利」(口語では「蝿頭小利」)が用いられています。日本で少量をいう「雀の涙」と「猫の額」。「雀の涙」は見たことがないし、「猫の額」は尺度として範囲があいまいだからでしょうか、中国では見聞きしません。少量を代表するのはハエの頭とカタツムリの角。

「蝿利蝸名」は、わずかな利益とささやかな名声。宋の蘇軾は「蝸角虚名、蝿頭微利」(「満庭芳」から)といって、利得も名声もまとめて突き放しています。

ハエとカタツムリ。どちらも身近でなくなりましたが、ネコだけは健在です。ソファの上に寝そべるネコの狭い額を見て、転じてわが家の狭い庭を見ますと、なるほどと思える違和感のない巧みな表現なのですが。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>