東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2013年10月23日(水)
  • 動物

「猫鼠同眠」(びょうそどうみん)

 猫と鼠がいっしょに眠る「猫鼠同眠」(『金瓶梅「七六回」』など)というのはありえない情景です。あればネコのほうに問題があることを示しています。これは王朝内では「猫鼠同処」(『新唐書「五行志」』など)ともいわれて、官吏の職務怠慢を戒めることばとして、しばしば使われてきました。

「猫鼠同眠」は今でも見られて、片目を開いて片目をつぶって製品検査をすることでの「互利互恵」がそれに当たります。とくに食品や医療部門の製品での管理者と被管理者の「灰色の黙契」によって問題が発覚すると、「猫鼠同眠」として騒がれることになります。「トムとジェリー」(猫和老鼠)でみるように、善悪より先に敏捷性も問題の要因で、警察官が犯人を捕えられないこともこの類ということになります。

さて十二支に猫がいない理由は、中国では歴代見られる猫的官吏が避けたのかもしれません、なぜなら漢字文化圏のベトナムでは兎のかわりに猫が入っています。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>