東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2013年12月25日(水)
  • 鉱物

「掩耳盗鈴」 (えんじとうれい)

「漢語盤点2013」(中国版「流行語大賞」)には、字は国内が「房」(部屋)、国際に「争」、詞は国内が「正能量」(前向きエネルギー、積極的な思いやり)、国際に「曼徳拉(マンデラ)」が選ばれました。昨年の詞は「釣魚島」でした。

「釣魚島(尖閣諸島)」は「カイロ宣言」(1943年12月1日。ことし70年目)で返還されたとする中国の立場は固い。そこで日本政府(安倍政権)の手法を「掩耳盗鈴」(沈徳符『万暦野穫編二』など。耳を掩いて鈴を盗む)といって譲りません。

盗もうとした鈴(鐘)が音をたてたので、聞かれるのを恐れて自分の耳をふさいで実行したというのが原意。F15の緊急発進もそう。中国側から「掩耳盗鈴」と呼ばれるかぎり、このままでは首脳会談など開けるわけがありません。

悪いと知りながら自分を欺く。わが国の有名ホテルの食材偽装などもそれ。中国でも事例にこと欠かず、よく使われます。古くは盗鐘だったのが、いまは盗鈴に。

 

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>