東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

  • 2014年05月21日(水)
  • 動物

「害群之馬」(がいぐんのうま)

 三歳馬の優駿を決める「ダービ−」は、たいへんな調教の労苦の末の出走ですから、関係者にとっては愛馬がターフを疾駆できるだけでも感激のようです。生まれて三年、牧場では群れを害する馬が混じるのは困りますから、「害群之馬」(劉安世『尽言集「一三・応詔言事」』など)として、慣らすか除去せねばなりません。そのことから集団に危害をおよぼす人物に対してもいいます。

中国民衆の夢である「安居楽業」の達成のためには「害群之馬」の除去が必要なことを、習近平主席も重要講話のなかで強調しています。ことしはウマ年で、ドイツのメルケル首相も安倍晋三首相も同じ1954年生まれの60歳(厄年=本命年)ですが、メルケルさんはともかく、安倍さんはどうやら「害群」の本命馬のようです。

市民にとっては害馬より害車。交通ルール違反はもちろん、タクシー運転手が「舎近求遠」や高額請求をする“黒車”が、身近な「害群の馬」といったところです。

webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>