東京都新宿区の校正・校閲会社、円水社(えんすいしゃ)のブログ

「一字之師」(いちじのし)

 晩唐の詩人鄭谷が袁州府にいたころのこと、僧の斉己が自作の詩を携えて訪れます。「早梅詩」というタイトルで、「前村深雪裡 昨夜数枝開」とあります。見て鄭谷は「数枝では早とはいえない。一枝がいい」といいます。斉己は覚えず拝して身を投げ、これよりみなが鄭谷を「一字之師」(『海録砕事「師授門」』など)と呼びました。それ以後、「一字之師」は数多く記録されることになります。
 それ以前にもあって、有名なのが「推敲」の故事でしょう。中唐の苦吟詩人賈島が科挙でやってきた長安の街中で、「鳥宿池辺樹 僧推月下門」の句を得たあと「推す」だけでなく「敲く」にも気づきます。が、いずれかに決められない。と、ロバが大官の列にぶつかって、つれていかれたのが韓愈の前でした。賈島は「推・敲」の悩みを述べ、聞いて韓愈は「がよい」と答えて「一字之師」となったのでした。この方が故事成語にふさわしいのですが、いわれは動かせません。

 

「一琴一鶴」(いちきんいちかく)

 古琴を収めた布袋と白鶴を放した竹簍を馬の背の両辺に荷駄として積んで、宋代の趙抃(ちょうべん)は、任地の蜀(成都)へ向かったそうです。任地へ帯同したのが琴と鶴だけ。それが行装のすべてというのは、いささか際立ちすぎます。
 古来、ふたつとも文人の高雅不俗のシンボルとはいえ、趙抃の「一琴一鶴」(沈括
『夢渓筆談「巻九」』など)は噂になり、神宗の耳にも入りましたが、帝は叛意の行為とせず、上任の「行装簡少」のすがたを賛賞した上で「精兵に奪い取りにいかせよう」と伝えたといいます。趙抃の剛直ぶりは「鉄面御史」と呼ばれたことで知られます。
 竹林七賢のひとりで、執行の日に秘曲「広陵散」を弾き終えて刑場に臨んだという琴の名手嵆康と「鶏群一鶴」といわれた子の嵆紹の親子の姿が趙抃の行装と重なるのは思い入れの類でしょうか。趙抃の「一琴一鶴」が有名で、「為官清廉」が含意になりましたが、先立つ唐代には官に付かず隠遁した意味合いで用いられていたようです。


 

「世外桃源」(せがいとうげん)

 桃花はすでに「桃李不言」や「柳暗花明」で登場しましたが、本命の「桃源郷」に触れないわけにいきません。理想郷としての「桃源」です。東晋の陶淵明の『桃花源記』に描かれた世に隔絶して存在する小村で、「世外桃源」(孔尚任『桃花扇「帰山」』など)と呼ばれています。おだやかな山水に囲まれ、桃の花と果実を楽しみ、農業を生業としていて、秦の騒乱を避けたあと五〇〇年余も知られずにいた。そういう小世界はいまもどこかに存在しつづけているにちがいありません。

仙境「桃源郷」は湖南省常徳市の桃花県がモデルとされ観光地になっています。日本の「桃源郷」といえば山梨県笛吹市でしょう。笛吹川の扇状地に日本一の「桃の里」が広がっていて、春先に桃畑は「ピンクの絨毯」となって季節を謳歌します。ことしの「桃源郷春まつり」は3月21日(祝)から4月24日(日)まで。桃原を訪れて、わが心の桃花源を思うのは命を延べる行楽のひとつでしょう。

「温文爾雅」(おんぶんじが)

 闘争性には欠けますが、態度が穏和で端正な生き方について「温文爾雅」(蒲松齢『聊齋志異「陳錫九」』など)がいわれます。政治や経済が優先してきた世相にあらたな文雅な価値観が広がる時期にあるようです。古淡な情感をたたえた紳士、爽涼で性を露出させない女性が静かな関心を呼び起こしています。

温家宝前総理の著作名が「温文爾雅」(2010年刊)です。「三丁目の夕日」(「永遠的三丁目的夕陽」)や「おくりびと」(「入殮師」)をみて、日本の大衆の暮らしや死生観を理解していた前総理は、演説や記者会見で古典を引いて中国文化の奥行きを伝えてきました。その百編余をまとめた著作が「温文爾雅」です。

2006年10月に安倍総理を迎えたときは、「青き山遮って住(つ)きず、畢竟東に流れ去く」(北宋の辛棄疾の詩)を、日本訪問をした2007年4月の国会演説では、「朋友と交わるに言いて信有り」(『論語・学而』)を引用していました。

「温故知新」(おんこちしん)

「温故知新」(『論語「為政」』から)は「古きをたずねて新しきを知る」という読み方でよく知られています。『論語』は孔子の死(前479年という)のあと、弟子たちがまとめたものですから、「子曰く・・」と記されていても、後人による仮想の孔子の言であるとして習うことが「温故」のはじめです。「知新」は現在のありようを知ること。孔子は中原周遊の長い旅をして「知新」にもつとめています。

ですから一方で先人の知恵・古例に学びながら、一方で現実の動勢をしっかり把握する。この双方をきわめることによってはじめて全容を理解することができ、人の師(リーダー)ともなれる(以って師と為るべし)と説いています。

書斎にこもって文献を漁っていては古きこともわからない、現実のみに執着していては正確に現実の姿をつかむことができない。「古い時代のことをたずねて今を知る手だてとする」と読むのは、書斎派の学者にとって都合のいい解釈なのです。

<< | 3/6PAGES | >>
webサイトはこちら

堀内正範氏

日本丈風の会 代表
Web月刊「丈風」編集人

当社が永く校正で携わった、『知恵蔵』(朝日新聞社)の元編集長、朝日新聞社社友。
現在は「日本長寿社会」を推進する「日本丈風の会」を主宰し、アクティブ・シニアを応援している。 中国研究を基にした四字熟語への造詣も深く、時事を切り口に、新聞や書籍において解説を行なっている。
日本丈風の会ホームページにて、「現代シニア用語事典」も掲載。

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

月別アーカイブ